ニュース

紀伊半島大水害慰霊祭
  • 2018-09-16(日) 19:11
紀伊半島大水害から7年、29人の死者や行方不明者が出た那智勝浦町で16日、水害の犠牲者の冥福を祈る慰霊祭が行われました。
慰霊祭は那智勝浦町の井関地区にある「紀伊半島大水害記念公園」で行われました。この慰霊祭は、今月4日に行われる予定でしたが、台風の接近により延期され、16日の実施となりました。平成23年9月に発生した紀伊半島大水害で、那智勝浦町では死者、行方不明者合わせて29人が犠牲となりました。式典で那智勝浦町の堀順一郎町長は、「大水害の被害を後世に伝えることは、町長の責務である」と述べました。また、遺族会の岩渕三千生代表は、「災害に対する意識を高め、知識を持ち迅速な対応を取れるようお願いします」と話しました。その後、参列者らは祭壇に献花をして犠牲者に鎮魂の祈りをささげていました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る