ニュース

漆芸家 橋爪靖雄さん作品展
  • 2018-09-13(木) 18:21
県の名匠表彰を受けた漆芸家、橋爪靖雄さんの作品展が、13日から和歌山市のギャラリーで開かれています。
平成27年度の県名匠表彰を受けた海南市の漆芸家、橋爪靖雄さんは、10年前から毎年、作品展を開いています。今年の作品展は、和歌山市の「Msギャラリー12番丁」で13日から始まり、日展で入選した屏風や冬の草花を題材にした新作など35点が出品されています。橋爪さんは、木材だけでなく、色紙や油彩画のキャンバスなどの下地に漆を塗り、蒔絵や沈金などの技法も駆使して精巧な作品を作りあげます。会場では、レリーフのように立体的に漆を塗り、金箔を張って仕上る新しい技法の作品も展示されています。橋爪さんは、「今回で春夏秋冬の草花を描くシリーズが完了したので、来年は新しい試みを始めます」と今後の抱負を話していました。
橋爪さんの作品展「漆の仕事」は、9月17日まで和歌山市十二番丁のMsギャラリー12番丁で開かれています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る