ニュース

高校生が仁坂知事に報告
  • 2018-09-12(水) 17:57
この夏、全国高校総合体育大会や全国総合文化祭などで優秀な成績を収めた高校生たちが今日、県庁を訪れ、仁坂知事に成績や受賞を報告しました。
県庁の記者会見室には今日、手作りのマイコンカーでタイムを競う産業マイコンラリー大会で優勝した紀北工業高校1年の玉置拳斗さんをはじめ「全国パソコン技能競技大会」の日本語ワープロ部門で団体9連覇を達成した那賀高校情報部、化学グランプリで1位となる大賞を受賞した向陽高校3年の中谷剛人さんなど、文化部門の全国大会で優秀な成績を収めた生徒たちが訪れ仁坂知事に成績を報告しました。仁坂知事は記念品を贈呈したのに続いて、記念撮影をして、生徒たちを祝福しました。
続いて、知事室では全国高校総合体育大会、インターハイの報告会が行われました。今年のインターハイでは、フェンシングの女子団体で和歌山北高校が2年ぶりの4回目の優勝を果たしたほか、個人の女子フルーレでも和歌山北2年の巾下栞奈選手が2位、レスリングの個人男子80kg級では和歌山北3年の内田貴斗選手が2位に入るなどしました。フェンシングの女子団体で優勝した和歌山北の森田明日香キャプテンは、指導者や家族、チームメイトに感謝しながら、「これからもこういった場に呼んで頂ける様、努力していきます」と話していました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る