ニュース

ねんりんピックのボランティア募集
  • 2018-08-21(火) 15:05
来年11月に開かれる全国健康福祉祭「ねんりんピック紀の国わかやま2019」の運営を支える大会ボランティアの募集が、来月3日から始まることを受け、仁坂知事は、今日、広く参加を呼びかけました。
これは、今日開かれた定例の記者会見で、仁坂知事が呼びかけたものです。
高齢者を中心にしたスポーツ、文化、健康、福祉の祭典、全国健康福祉祭和歌山大会「ねんりんピック紀の国わかやま2019」が、来年11月9日から12日までの4日間を会期に県内各地で開かれます。
運営を支える大会ボランティアの募集が、来月3日から始まり、活動場所は、総合開会式や閉会式、イベントの会場や主要駅で、活動内容は、来場者の受付や案内、式典やイベントの運営補助、弁当の配付や回収、アンケート調査、選手団の歓送迎や案内などで、1800人ほどを募集します。
なお、大会の期間中は、県内21の市町で、27種目のスポーツと文化の交流大会が開かれ、この交流大会に関する市町のボランティアは、市町で募集するということです。
また、大会をPRしようと、大会のマスコットキャラクター「きいちゃん」の刺繍が入ったポロシャツやウインドブレーカーなどの啓発ウェアーも販売されています。
仁坂知事は、「全国の元気な選手がたくさんお見えになるので、一生懸命お世話をしたい。和歌山をあげ、みんなで団結して頑張りましょう」と呼びかけています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る