ニュース

有田巨峰村オープニングセレモニー
  • 2018-08-19(日) 18:38
有田川町にある関西最大級の観光ぶどう狩り園、「有田巨峰村」で今日、オープニングセレモニーが行われました。
今日、有田川町川口の有田巨峰村では、仁坂知事や有田川町の中山正隆町長らが出席してセレモニーが行われ、有田落葉果樹生産組合の山本隆幹組合長が、「今年は雨が少なかったので小粒ですが、大変甘いです。多くの皆さんに味わっていただきたい」と挨拶しました。また、セレモニーでは地元の子どもたちが、巨峰村への来場を呼びかけるメッセージ付きの色とりどりの風船を飛ばしたほか、太鼓の演奏や、地元を拠点に活動するシンガーソングライター大峯章嗣さんのミニライブも行われました。
昭和54年にオープンした有田巨峰村、40ヘクタールの栽培地のうち、現在は、20戸の農家がおよそ21ヘクタールで、巨峰やジャイアントマスカット、ピオーネなどのブドウ類を栽培しています。ブドウ園では、早速、訪れた家族連れらが甘い香りのするブドウ棚の下でぶどう狩りを楽しんでいました。有田巨峰村では9月下旬ごろまでのシーズン中に、およそ20万人の来園者を見込んでいます。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る