ニュース

Uターンで高速道路や鉄道が混雑
  • 2018-08-14(火) 19:58
お盆をふるさとや行楽地で過ごす人たちのUターンで、今日、県内の高速道路と鉄道は、午後からは北行きで混雑が始まっています。
今日の県内の高速道路は、紀南地方の行楽地に向かう南行きで午前6時40分時ごろから渋滞が始まり、午前10時35分頃から11時5分頃にかけて、湯浅御坊道路の広川南インターを先頭に阪和自動車道の長峰トンネル付近にかけておよそ14キロ渋滞しました。
一方、午後からは、Uターンによる混雑が始まり、午後5時15分現在、大阪方面に向かう北行きは、阪和自動車道の東岩代トンネルを先頭に南紀田辺インターチェンジ付近まで10キロ、広川南インターチェンジを先頭に御坊インターチェンジ付近まで9キロの渋滞となっています。北行きは、さらに渋滞が伸び、深夜0時頃まで混雑が続くと見られます。
一方、JR紀勢線は、南行きが午前8時50分、和歌山発、新宮行きのくろしお1号の自由席の乗車率が最大で150%。午後からは、北行きが混雑し、午後0時50分新宮発新大阪行きのくろしお24号では自由席の乗車率が最大130%となりました。JR西日本によりますと、特急列車の北行きの混雑は明日にかけて更に増える見込みだということです。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る