ニュース

ロボットプログラミング体験教室
  • 2018-08-12(日) 18:51
子どもたちが遊びながらコンピュータのプログラミングを学ぶ、ロボットプログラミング体験教室が今日、和歌山市で開かれました。
体験教室は、子どもと、その家族を支援する一般社団法人ソーシャルケアセンターが開いたもので、今日は、和歌山市のブラクリ丁商店街にあるセンターで子どもたちがデンマークの玩具会社が開発した、教育用プログラミングキットなどを使って、車型のロボットを目的地まで移動させるプログラムに挑戦しました。
今年3月に発表された新学習指導要領では2020年度から、小学校でプログラミング教育が必修化されます。ソーシャルケアセンターの副センター長で臨床心理士の田中康之さんは「自分で考え、答えを出すことが子どもたちの成長につながる」と話していました。
また、今日はぶらくり丁周辺でマーケットイベント、「ポポロハスマーケット」夏祭りが開催されていて、午後9時まで行われるということです。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る