ニュース

ゴルフ大会の参加費の一部を寄付
  • 2018-08-12(日) 18:39
交通事故で保護者を亡くした子どもたちを支援しようと、輸入車のオーナーらを対象にしたゴルフ大会の参加費の一部が、県交通遺児を励ます会に贈られました。
スウェーデンに本拠地のある自動車メーカー、ボルボの正規ディーラー、ボルボ・カーズ和歌山を運営する八栄モーター株式会社は、毎年、ボルボのオーナーらを対象にしたゴルフ大会を開いていて、この大会の参加費の一部を公益財団法人県交通遺児を励ます会に寄付しています。今年のゴルフ大会にはおよそ100人が参加し、競技のあと、和歌山市のホテルで、八栄モーターの八幡建二会長が、県交通遺児を励ます会の北浦性次代表理事に、寄付金の目録を手渡しました。これを受け、北浦代表理事が、「長年にわたるご支援に感謝します」と述べ、八幡会長に記念の盾を贈りました。
寄付金は、交通遺児の奨学金や催しの開催などに活用されるということです。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る