ニュース

災害ボランティア第一陣出発
  • 2018-07-13(金) 14:02
西日本豪雨で被災した広島県福山市で支援活動を行う災害ボランティアの第一陣が昨日深夜、和歌山市を出発しました。
和歌山ビッグ愛には、昨日、午後11時半の出発を前に、ボランティアメンバーが集まり、県社会福祉協議会の嶋本昇事務局長が、「体調管理に用心して気を付けて行って下さい」と激励しました。
また、日本防災士会県支部の早稲田眞廣支部長が「和歌山の心を広島に届けたい」と決意を述べました。
今回の参加者は県内各地の社会福祉協議会の会員や、災害ボランティアに登録している30歳から70歳の男女20人です。
一行は今朝、福山市に到着し、被災した家屋の片づけや、避難所の清掃などを行ったということで、今日深夜、和歌山市に帰ってきます。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る