ニュース

特殊詐欺防止で啓発活動
  • 2018-06-20(水) 20:07
去年、被害の認知件数が過去最悪を記録した特殊詐欺被害を防止しようと、県警は、民間企業と連携した広報啓発活動に力を入れています。
今日、和歌山市では和歌山ヤクルト販売株式会社の販売員が、顧客の家をまわって、近年、主流となっている特殊詐欺の手口などが書かれた啓発チラシを配りました。去年、県内の特殊詐欺被害の認知件数が95件と過去最悪を記録したことから県警では、被害防止に向けこれまで連携してきた金融機関やコンビニエンスストアに加えて、訪問販売を行う和歌山ヤクルトにも協力を依頼し、今回、2万枚の啓発チラシを用意しました。啓発チラシは今後、県内、28の営業所の販売員が、訪問先で配布し、被害防止を呼びかけるということです。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る