ニュース

県飲酒運転根絶対策推進会議
  • 2018-06-14(木) 19:25
県内で去年1年間に発生した死亡事故に占める飲酒運転の割合が、全国ワーストだったことを受け、関係機関や団体が参加する「県飲酒運転根絶対策推進会議」が14日、和歌山市で開かれました。
和歌山市の県自治会館で開かれた会議では、県の田中一寿県民局長が「飲酒運転の根絶に向け、徹底した取り組みを進めていきましょう」と出席者に呼びかけました。会議には県や県警をはじめ、飲食店や宿泊施設、酒販関係や運輸事業者などおよそ20の機関が参加しています。県内で去年1年間に発生した死亡事故に占める飲酒運転の割合は、35件中6件の17.1%と、全国ワーストでした。このため、県では現在、飲酒運転の根絶に向けた県民運動を展開していて、14日の会議では、飲酒運転を許さない環境づくりをはじめ、広報啓発キャンペーンの展開や、飲酒運転の根絶を宣言するステッカーやバッジを飲食店を中心に配布し、更に活用してもらうことなどが確認されました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る