ニュース

東京で和歌山の皮革産業PR
  • 2018-06-11(月) 15:45
和歌山の地場産業の一つ、皮革産業を広く発信しようと、和歌山県製革事業協同組合の事業者らがこのほど、東京で開催された「東京レザーフェア」に出展し、和歌山の皮革産業をアピールしました。
東京で開催された「東京レザーフェア」は、「革」という素材の魅力を発信し、皮革の需要拡大を図ろうと毎年2回開催されているもので、今回で98回目を迎えました。会場には、150を超える企業が出展し、様々な革の素材や製品が展示されました。和歌山県と和歌山県製革事業協同組合の出展ブースには、県内9社の皮革業者らが参加して様々な素材を立体的に展示するなど和歌山の革の良さをアピールしました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る