ニュース

JA紀州 南高梅の荷受け始まる
  • 2018-05-27(日) 18:50
最高品質の梅といわれている「南高梅」の収穫がみなべ町ではじまり、生産者が出荷作業に追われています。
日本一の梅の里みなべ町の上野章さんの園地では、朝早くから南高梅をひと粒ひと粒丁寧に収穫していました。
JA紀州では今日から、南高梅の荷受けがはじまり、「JA紀州みなべ統合選果場」には大きさや質などに区分けされた南高梅が次々と運びこまれてきました。
JA紀州管内ではおよそ2000戸の農家が南高梅を栽培していて、今年の着果状況は平年並みということです。
南高梅の出荷のピークは来月10日頃で、JA紀州によりますと「今年は定期的な雨にも恵まれ順調に育ち、最高の南高梅ができている」ということです。
紀州みなべの南高梅は、全国の市場に出荷され今月29日から全国一斉販売されます。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る