ニュース

県職員労働組合 が仁坂知事を推薦
  • 2018-05-25(金) 16:51
県職員労働組合が、今年12月に任期満了を迎える知事選挙に4選をめざし立候補を表明している現職の仁坂知事の推薦を決めました。
これは、今日開かれた県職員労働組合の定期大会の議案として審議され、決まったものです。
定期大会では、今日、副執行委員長から就任した野口宗宏執行委員長が、「選挙が続く年だが、私たちにとって1番大きな選挙は、任命権者を選ぶ県知事選挙」と協力を呼びかけ、仁坂知事が、「みんなで力をあわせ、長期総合計画に掲げた目標に向け、一歩一歩前に進んでいければ」と決意を述べました。
今年12月に任期満了を迎える知事選挙に4選をめざし立候補を表明している現職の仁坂知事から、先月13日付けで県職員労働組合に対し、推薦の依頼がありました。
これを受け県職員労働組合が、これまでの実績を評価した上で、県行政を遂行するリーダーとしての引き続きの活躍を期待し、仁坂知事を推薦することを決めたもので、組合では、組織の総力を結集して選挙闘争に取り組むとしました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る