ニュース

那智勝浦町 堀新町長初登庁
  • 2018-05-21(月) 19:26
現職町長が体調不良で退職したことに伴い、5月15日に告示された町長選挙で、無投票当選を果たした那智勝浦町の堀順一郎新町長が21日、町役場に初登庁しました。
午前9時30分に那智勝浦町役場に到着した堀新町長は、約100人の職員や支持者らに拍手で出迎えられ、秘書の赤岡有紀子さんから花束が贈られました。この後、当選証書を受け取った堀町長は、大会議室で約80人の職員を前に、「一緒に仕事をすることを楽しみにしている」と就任の挨拶を行った上で、「気遣いはしないでほしい。心と身体の健康に気を付け、みなぎる力と希望をもって、栄える那智勝浦町にしていきたい」と協力を求めました。
現在59歳の堀町長は、地元、那智勝浦町出身で、県立新宮高校を卒業後、当時の国鉄の職員を経て昭和62年4月に県職員となり、東牟婁振興局地域振興部長や振興局参事などを務めました。
町長室の執務席についた堀町長は、無投票当選という重責を改めて感じ取っている様子でした。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る