ニュース

精神障碍者の自立を 公開講座
  • 2018-05-20(日) 15:41
精神障害者の自立について考える公開講座が今日、和歌山市で開かれました。
この公開講座は、NPO法人和歌山市精神障害者家族会「つばさの会」が、精神障害者に対する理解を深めてもらおうと開いたもので、会場の和歌山市保健所には、およそ100人が集まりました。
公開講座では和歌山大学教育学部の江田裕介教授が「障害のある人の権利としての教育」と題して講演しました。
この中で江田教授は、重度の障害者であればこそ、自律の力を育てることが大切と話し、「障害者が社会の中で生きる力を、心豊かに生きる力を養うことが必要です」と説明しました。
昭和59年に設立された「つばさの会」は、平成17年から精神障害者の家族を対象にした電話相談を行っていて、岡田道子理事長は、「精神障害者が地域社会で受け入れられるよう、これからも尽力したい」と話していました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る