ニュース

御坊警察署の留置施設で男性死亡
  • 2018-05-16(水) 14:43
今月13日、御坊市の御坊警察署の留置施設で、起訴拘留中だった60歳代の男性被告が首を吊っているのが見つかり、男性は今日未明、搬送先の病院で死亡しました。御坊警察署では男性が自殺を図ったものとみています。
御坊警察署によりますと、今月13日午前10時半ごろ御坊市湯川町財部の御坊警察署の留置施設で、起訴拘留中だった60歳代の男性被告が首を吊った状態で見つかりました。巡回中の警察官が見つけたもので、男性はこの時、既に意識はなく御坊市内の病院に救急搬送されましたが、今日午前1時20分頃、死亡しました。発見の10分ほど前に巡回した際には、特に異常はなかったということです。男性は今年、逮捕され起訴拘留中でした。遺書などは見つかっていないということです。警察では、現場の状況などから男性が自殺を図ったとみて当時の詳しい状況を調べています。
御坊警察署の松本純一副署長は「署として再発防止に努めていきたい」とコメントしています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る