ニュース

貸金業法違反の男 逮捕
  • 2018-05-15(火) 21:08
業者登録を受けることなく和歌山市内で貸金業を行っていた男が、15日、和歌山西警察署などに貸金業法違反の疑いで逮捕されました。
逮捕されたのは和歌山市中之島の職業不詳、坂本佳夫容疑者63歳です。警察の調べによりますと坂本容疑者は、県や財務局から業者登録を受けていないのに、1年ほど前から少なくとも2人以上の客に、現金合わせて数十万金を貸し付けるとともに、貸付金などの返済金を受け取る目的で客の預金通帳や、キャッシュカードを担保として預かり保管していたとして、貸金業法違反の疑いが持たれています。
去年12月、客の一人が、「借金の返済に困っている」などと、警察に相談したことから、坂本容疑者の犯行が発覚しました。坂本容疑者は、毎月、客の口座から利息分を引き落とす方法で貸金業を行っていたということで、警察の調べに対し、容疑を認めているということです。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る