ニュース

暑い一日
  • 2018-05-15(火) 18:21
15日の和歌山県は、移動性の高気圧に覆われてよく晴れ、各地で今年の最高気温を記録するなど暑い一日となりました。
和歌山地方気象台によりますと、かつらぎ町では午後1時41分に28度4分、古座川町西川では午前11時14分に28度3分を記録しました。これは平年の6月下旬から7月上旬並の陽気で、県内では今年一番の暑さを記録した地点が7箇所ありました。西日本の南の海上が移動性の高気圧に覆われ、上空に暖かい空気が流れ込んだため、気温が上昇したと考えられるということです。和歌山地方気象台では「16日以降、天気は下り坂となり、暑さは和らぐものの、体が暑さに慣れていないためこまめに水分補給を心掛けてほしい」と注意を促しています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る