ニュース

みかんジュースの審査会
  • 2018-05-14(月) 19:53
有田みかんを原材料にしたみかんジュースの審査会が今日、有田市で開かれ、3つの銘柄のみかんジュースが有田市独自の認定制度「有田QUOLITY」の認定を受けました。
審査会は、今日、有田市星尾の旅館、鮎茶屋で開かれました。
有田市では、有田みかんの消費拡大を目的に、平成23年度から毎年、食のプロを審査員に招いて有田地方産の温州みかん100パーセントのみかんジュースを対象とした審査会を開いています。審査会では、日本バーテンダー協会県本部の平野祐本部長やジュニア野菜ソムリエの資格を持つタレントの大桃美代子さんら審査員を務める6人の食のプロが実際に味や香りを確かめて、審査しました。認定期間は1年間で、今年は、伊藤農園の「100%ピュアジュースみかんしぼり」、早和果樹園の「味一しぼり」、藤田長将さんの「長閑」の3銘柄が、優れたみかんジュースとして市独自の認定制度「有田QUOLITY」の認定を受けました。1年間、市公認の認定シールが交付されます。市の担当者は「有田みかんのPRにつながれば」と話していました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る