ニュース

白浜町でエアショー
  • 2018-05-14(月) 15:23
飛行機レースの世界大会で去年、日本人として初めて総合優勝を果たした室屋義秀さんのエアショーが昨日、白浜町で行われました。
エアショーは、白浜観光協会などで組織する南紀白浜エアショー実行委員会が白浜町の白良浜で去年に続いて開催しました。室屋義秀さんは「空のF1」と呼ばれ、最高時速370キロのスピードで障害物の間を通過しタイムを競うエアレースの世界大会「レッドブル・エアレース」に平成21年にアジア人として初めて参加、去年、日本人として初めて年間総合優勝を果たしました。
昨日、室屋さんは、白良浜の上空を舞台に急上昇からターンし、急降下する「ハンマーヘッド」や回転しながら、急降下する「キリモミ」などの世界チャンピオンの技を披露しました。白良浜に集まった観客らは、空を舞う小型飛行機のスピードと室屋さんの華麗なテクニックに歓声をあげながら楽しんでいました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る