ニュース

おのみなとこども食堂
  • 2018-05-13(日) 18:40
地域の子供達を中心に無料や安価で食事を提供し、地域交流を深めようと、和歌山市で13日、「こども食堂」と題した食事会が開かれました。
和歌山市下町の天理教紀ノ川分教会で開かれたこの取り組みは、和歌山市の雄湊地区の地元有志で作る「おのみなとこども食堂の会」が先月から始めました。主催者や地元住民が持ち寄った食材を使い、他人丼や、野菜サラダ、みそ汁などが地元の子供たちに無料で振舞われました。「子ども食堂」は、貧困状態にある子供たちの救済を目的に、全国各地でボランティアらが取り組んでいます。現在では、地域の大人や高齢者、家族連れが参加して共に食事を楽しむなど地域交流の場としても期待されているほか、地域社会で子供たちを見守る取組みの一つとしても注目されています。
「おのみなとこども食堂の会」では、今後も月一回程度こども食堂を開く予定で、夏場には流しそうめんなどのイベントも企画しているということです。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る