ニュース

IR導入の議論を交わすフォーラム
  • 2018-05-11(金) 15:51
カジノを含む統合型リゾート、「IR」の日本への導入に向けて議論を交わすフォーラムが、昨日と今日の2日間、東京で開かれ、仁坂知事が候補地としての和歌山のポテンシャルの高さをPRしました。
IRの導入に向けた議論を交わす「ジャパン・ゲーミング・コングレス」は、東京都港区のコンラッド東京で開かれ、日本への進出を検討している海外のIR関連事業者や、自治体関係者、有識者など、2日間でのべおよそ860人が参加しました。
今日は、仁坂知事が県のIR基本構想を紹介し、候補地の和歌山マリーナシティの魅力や事業採算性の高さをPRしました。
また、IR誘致を表明している北海道の釧路市と苫小牧市の市長や副市長とのパネルディスカッションを行いました。
仁坂知事は、「候補地としての和歌山の魅力を、事業者の皆さんが自分のビジネスとしてどんな風に考えるか、それが採算に合うのかどうか、それが一番大事」との考えを示しました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る