ニュース

小学生がサツマイモの苗植え体験
  • 2018-05-11(金) 12:35
農業体験を通して食べ物の大切さを学んでもらおうと、今日、和歌山市で小学生がサツマイモの苗植えを体験しました。
サツマイモの苗植えには和歌山市立直川小学校の3年生、37人が参加し、地元の農家、吉田政文さんの畑で直川地区連合自治会のメンバーや地元の有志5人から指導を受け、およそ200本の苗を植えました。
直川小学校では、地域で子供たちを育くみ、農業体験を通して食べ物の大切さを学んでもらおうと、去年から、地元の自治会などと協力し、サツマイモの苗植えから収穫までの農業体験を実施しています。
子どもたちははじめはぎこちない手つきでしたが次第になれて、次々と苗を植えて水をやりました。
サツマイモは10月に収穫され、子どもたちが「ふかしいも」などに調理し、地域の人たちにふるまうということです。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る