ニュース

スケートの坂爪選手が引退
  • 2018-05-10(木) 17:59
平昌オリンピックのスピードスケート・ショートトラック男子1000mで5位入賞を果たした海南市のタカショーに所属する坂爪亮介選手が現役を引退することがわかりました。
所属する海南市のガーデニング用品メーカータカショーが昨日、発表しました。坂爪選手は群馬県出身の28歳。2大会連続の出場となった平昌オリンピックでは出場した全3種目で入賞し、今年3月の世界選手権では5000mリレーで銅メダルを獲得しました。坂爪選手はタカショーのホームページで「次を目指すエネルギーや目標がないと感じ、引退することを決断した」と説明しています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る