ニュース

今日からの展覧会
  • 2018-04-21(土) 17:20
今日から始まった展示会3つをご紹介します。
まずは、県いけばな協会の有田市ではじめての展覧会です。
有田市箕島の有田市民会館で開かれている県いけばな協会展紀中展には、海南市や有田市、それに、湯浅町や御坊市などで活動する62人の作品が展示されています。
県いけばな協会展は、県内に16流派ある華道作品を一堂に集めた展覧会で、毎年、和歌山市で開かれていますが去年、有田市民会館が新しくなったため初めて紀中展が開かれました。
県いけばな協会展紀中展は明日も開かれ、音楽に合わせて花をいけるデモンストレーションが午後1時45分から行われることになっています。
和歌山市和歌浦南の和歌の浦アート・キューブでは書の作品展、「ふなさとの会書展」が開かれています。
和歌山市の「ふなさとの会」は書の楽しさを広く知ってもらおうと3年に1度作品展を開いていて、今回は会員15人の作品40点が展示されています。
作品は、古今和歌集を数ヵ月かけて臨書したものもあり書の奥の深さを垣間見ることができます。
この「ふなさと会書展」は明日も和歌山市和歌浦南の和歌の浦アート・キューブで開かれます。
和歌山市の和歌山市民会館で、プラモデルの愛好家でつくる和歌山ノン・フライトクラブの作品展示会が開かれています。
31回目の今回は「彩」をテーマに旅客機や軍用飛行機それに、カーモデルなど、およそ170点が出展されています。
作品はどれも、作者が実物を参考にていねいに色付けしています。和歌山ノン・フライトクラブの展示会は、明日も、和歌山市民会館で開かれます。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る