ニュース

「丼まつり」新メニュー公開
  • 2018-04-14(土) 19:19
和歌山市の和歌浦漁港「おっとっと広場」で、ゴールデンウィークに行われる「丼まつり」を前に、期間中に提供される「丼」の新メニューが、14日公開されました。
和歌山市の和歌浦漁港おっとっと広場では、地元産の魚介類などの消費拡大と地域の活性化をめざそうと、5年前から毎年、ゴールデンウィークにあわせて丼まつりを開催しています。14日は報道関係者向けの試食会が行われ、今回提供される6種類の新メニューが披露されました。中でも、地元産の釜揚げシラスや生シラスのほか、サーモンやマグロなどを層に重ねて、イクラなどをトッピングした「わかパフェ」は、一日限定30食で、800円程度での販売予定で、人気の的となりそうです。期間中、丼はいずれも500円から1000円までの価格帯で、新メニューを含め25種類ほど用意されるということです。広報担当の河尻順子さんは「和歌浦は風光明媚なスポットが数多くあります。地元・和歌浦でとれた食材を、片男波を眺めながら是非食べて頂きたい」とPRしていました。
和歌浦漁港おっとっと広場『丼まつり』は、4月28日から30日までと、5月3日から6日までの7日間、開催されます。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る