ニュース

新1年生が交通ルールを学ぶ
  • 2018-04-11(水) 17:56
この春、田辺市の小学校に入学した新1年生の児童が今日、登下校の際の交通ルールなどについて学びました。
登下校の際の交通ルールなどを学ぶ安全教室は今日、田辺市の市立新庄小学校で行われ、新1年生20人が参加しました。これは、通学に慣れていない小学校に入学したばかりの1年生が全国的にも交通事故に遭う確率が高いことから、交通事故に遭うことなく安全に登下校ができるよう道路の歩き方や交通ルールを学んでもらおうと開催されました。
今日は、田辺警察署の署員や田辺市交通指導員らが講師となって「横断歩道を歩く時は、右、左、もう一度右を見ましょう」「車が見えたら渡らずに待ちましょう」と呼びかけながら信号機の見方や横断歩道の安全な渡り方を指導しました。
この後、児童は、先生らとともに安全を確認しながら、実際の通学路で1列になって下校し、交通量の多い交差点ではしっかりと手を上げて横断歩道を渡っていました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る