ニュース

県農林大学校で入学式
  • 2018-04-11(水) 17:49
農業の担い手や指導者を育成するかつらぎ町の県農林大学校で今日、入学式が行われ農学部の2つの学科の22人が新しい門をくぐりました。
かつらぎ町中飯降の県農林大学校で行われた農学部の入学式では今日、入学式を迎えた園芸学科の17人とアグリビジネス学科の5人が次々と入場、一人ひとり名前が呼ばれ入学が許されました。式では崎純郎校長が「農業に関する専門技術だけでなく社会人としての能力も身につけ農業を担うリーダーとして成長してください」とエールを贈りました。これに対し、新入生を代表しアグリビジネス学科の徳常瑞記さんが「自ら考え、自ら行動できる立派な社会人となるよう全力で学生生活を送ることを誓います」と決意を表明しました。
今月6日には、上富田町の県林業試験場に併設する林業研修部に5人が入学していて、農学部は2年間、林業研修部は1年間、農業や林業に必要な専門知識を学びます。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る