ニュース

智辯和歌山 センバツ準優勝を報告
  • 2018-04-10(火) 18:18
選抜高校野球大会で準優勝した智辯学園和歌山高校が、今日、仁坂知事に準優勝を報告しました。
智辯学園和歌山高校の藤田清司校長や高嶋仁監督、それに文元洸成主将ら、選手たちが県庁を訪れ、仁坂知事に準優勝を報告しました。
智辯和歌山は、阪神甲子園球場で熱戦が繰り広げられた選抜高校野球大会で、18年ぶりに決勝に進み、大阪桐蔭高校に2対5で敗れました。
仁坂知事は、「皆さんの健闘に心から感謝したい」と準優勝を称えました。
これを受け、文元主将が、「優勝は逃しましたが、チームとしても個人としても、たくさんの成長ができた。また夏に甲子園という舞台に和歌山県の代表として戻り、皆さんに感動を与えられるよう、頑張ります」と抱負を述べました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る