ニュース

近畿で最も早く桜が開花
  • 2018-03-20(火) 16:00
和歌山地方気象台は今日、和歌山市で桜が開花したと発表しました。9年連続で近畿地方で最も早い開花宣言となりました。
桜の開花を観測する標本木は、和歌山市の紀三井寺の境内にあり、今日、和歌山地方気象台の中野雅公防災管理官らが開花状況を観察しました。桜の開花宣言は、平年より6日、去年より10日早く9年連続で近畿地方で最も早くなりました。この後、天候が順調に推移すると1週間ほどで満開になると見られています。桜の早咲きの名所として知られている紀三井寺の山内には、ソメイヨシノを中心におよそ500本のサクラがあり、毎年4万人から5万人の花見客が訪れます。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る