ニュース

ねんりんピック式典事業専門委員会
  • 2018-02-21(水) 19:31
来年11月に和歌山県で開催される全国健康福祉祭ねんりんピック和歌山大会の式典・事業専門委員会の今年度2回目の会合が今日、県庁で開かれました。
「ねんりんピック紀の国わかやま2019」実行委員会の式典・事業専門委員会は、総合開会式や閉会式の基本計画や実施計画などについて審議する専門部会です。
今日の会合では総合開会式の式典で県出身歌手による国歌の独唱や県が誇るオリンピアンと東京オリンピックでの活躍が期待される若手アスリートが炬火を競技場内でリレーし炬火台に点火すること、メインアトラクションの県民創作パフォーマンスはいつまでも夢を持ち続ける大切さを伝える内容にすることが承認されました。次回は今年9月頃に開かれることになっています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る