ニュース

県婦人バレーボール大会の支部予選
  • 2018-02-21(水) 12:32
今年4月に開催される「WTV旗争奪第44回和歌山県婦人バレーボール選手権大会」の出場をかけた予選が始まり熱戦が繰り広げられています。
支部予選の開幕戦となった昨日、新宮市の市立神倉小学校体育館で東牟婁支部の予選が行われ、ガイアと千穂が対戦しました。
「WTV旗争奪和歌山県婦人バレーボール選手権大会」は県バレーボール協会と県ママさんバレーボール連盟、テレビ和歌山などが主催して毎年、開催されています。44回目となる今回も、県内8つの支部による予選が行われます。東牟婁支部の決勝戦となったガイアと千穂の対戦は、セットカウント2対1でガイアが勝って2年ぶり5回目の本選出場を決めました。
各支部の予選は来月4日までに行われ、代表チームが出揃います。なお、WTV旗争奪第44回和歌山県婦人バレーボール選手権大会は4月1日、和歌山市土入の市民体育館で開催されます。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る