ニュース

市高デパートの収益金の一部を寄付
  • 2018-02-19(月) 18:37
去年11月に和歌山市の市立和歌山高校で行われた、「市高デパート」の収益金の一部が今日、テレビ和歌山の「まごころ基金」に届けられました。
市高デパートは、市立和歌山高校が、商業教育の実践のひとつとして毎年、開催していて、生徒が食料品や日用品の販売計画から仕入れ、販売までを行います。今日、和歌山市栄谷のテレビ和歌山本社に、市立和歌山高校3年生の長田遥菜さんと空英輝教諭が訪れ、地域福祉に役立ててくださいと収益金の一部を川口正浩常務取締役に手渡しました。
去年11月18日と19日に開催された、41回目の市高デパートには1万2000人余りが来場し、1392万円を売上げました。今日、届けられた寄付金は、テレビ和歌山「まごころ基金」を通じて県社会福祉協議会に届けられます。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る