ニュース

日本一のアジサイ園にと植樹祭
  • 2018-02-17(土) 12:02
和歌山市加太の森林公園を日本一のアジサイ園にしようと取り組んでいる加太観光協会など地元住民らが今日、アジサイの苗木700本を植えました。
和歌山市森林公園の中央広場で行われた「加太植樹祭」には主催する加太観光協会や地元の小学校の児童らあわせておよそ70人が参加しました。
はじめに加太観光協会の利光伸彦会長が「この周辺は関西国際空港を作るために山を削ってそのままになっています」と説明しました。
このあと参加者は、土が掘られた場所にアジサイの苗木を根元が隠れるまで埋めて踏み固めていきました。
植樹活動は、今回が12回目でアジサイは、あわせて5000株になりました。
加太観光協会によりますと、日本一のアジサイ園は静岡県にある下田公園の14万株で青年部の稲野雅則さんは「アジサイ日本一、世界一の公園を目指すことはもちろんのこと、1年を通じて自然を楽しめる場所にしたい」と話していました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る