ニュース

プラチナくるみん認定
  • 2018-02-17(土) 12:00
厚生労働省が、子育てをしやすい職場環境づくりに取り組んだ企業を認定する「子育てサポート」企業の中で、より高い水準の取組みを行い実績をあげたとして、和歌山市の電気機械器具の製造業、太洋工業株式会社が、和歌山労働局から県内ではじめて、「子育てサポート特例認定企業」として認定され、このほど認定通知書交付式が行われました。
和歌山市黒田の和歌山労働局で行われた交付式では、松淵厚樹局長から、太洋工業の細江美則代表取締役社長に子育てサポート特例認定企業、愛称「プラチナくるみん」の認定通知書が渡されました。
子育てサポート特例認定企業は男性の育児休暇取得率が13%以上、出産した女性の在職率が90%以上などの認定基準があり、太洋工業は、男性の育児休暇取得率が20%、出産した女性の在職率が100%などと、それぞれ基準を上回っています。
松淵局長は「県内のリーディングカンパニーとして活躍してください」と祝辞を述べました。
細江社長は「これを契機に更に精進してやっていきます」とお礼を述べました。
太洋工業はこのほか、県内で3番目となる女性活躍推進企業、愛称「えるぼし」の認定も受けました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る