ニュース

わかやま産品商談会
  • 2018-02-16(金) 18:44
県内の事業者と京阪神地域のバイヤーなどが集まる「わかやま産品商談会」が、このほど大阪市で開かれました。
大阪市中央区の大阪マーチャンダイズ・マートで開かれた商談会は、県内の農水産物や加工食品の販路の拡大を促進しようと県が毎年開いています。開会式では仁坂知事が「出展者は色々な工夫をしています。そういうところを見て下さい」と来場したバイヤーらに呼びかけました。
12回目となった今回の商談会は「おいしい!健康わかやま」がテーマで、県内からは81の事業者が参加してブースを設け、柑橘類や生姜、シラスなど県名産の農水産物の加工食品などが並べられました。会場には京阪神地域の百貨店のバイヤーなど500人余りが来場し、それぞれのブースでは早速、試飲や試食をしたり、名刺交換したりする姿が見られました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る