ニュース

かつらぎ町で三谷マラソン
  • 2018-02-11(日) 19:06
紀の川沿いを駆け抜ける恒例のマラソン大会「三谷マラソン」が、今日、かつらぎ町で行われ、小学生から一般まで、およそ400人のランナーが健脚を競いました。
かつらぎ町三谷の町立三谷こども園では、まず、レースを前に開会式が行われ、かつらぎ町教育委員会の草田蒼太委員長が「日頃の成果を発揮して、良い記録を作ってください」と、また、井本泰造町長が「思い出の大会にしてください」と参加者を激励しました。
この「三谷マラソン」は、町民の健康増進を図ろうという地域の恒例行事として、かつらぎ町教育委員会が、毎年、開いているもので、今年で36回目です。三谷こども園近くの紀の川沿いの堤防道路がコースとなっていて、小学校低学年から一般まで、およそ400人のランナーが、年齢や男女別に、1キロから4キロの種目に挑戦しました。また、この三谷マラソンは、今月18日に和歌山市で開かれる市町村対抗ジュニア駅伝競走大会に出場するかつらぎ町チームの選手最終選考会も兼ねていて、メンバー入りをめざす小、中学生が懸命の走りを披露していました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る