ニュース

和歌山市の化学薬品工場で火事
  • 2018-02-08(木) 13:08
今朝、和歌山市の化学薬品工場で火事があり和歌山西警察署が付近の住民に避難を呼びかけるなど、周辺は一時、騒然としました。
火事があったのは、和歌山市湊の化学薬品メーカースガイ化学工業の和歌山西工場で、今日午前8時半ごろ、従業員の男性から「タンクから火が出ている」と消防に通報がありました。消防車など22台が出動して消火にあたり、火はおよそ4時間後に消し止められましたが、工場の4階部分、およそ240平方メートルが焼けました。和歌山市消防局によりますと工場の4階では、洗剤の製造に用いるベンゼンを加工するタンクがありました。
工場では、全員を避難させ、従業員に怪我はありませんでしたが、近くの介護施設の女性が気分が悪いと訴え救急搬送されました。症状は軽いということです。
一方、警察では、爆発などの危険性もあるとして、工場周辺で交通規制を行ったほか、付近の住民に対し一時、避難を呼びかけるなどし、3人が小学校に避難したということですが、有毒ガスなどの発生は検知されず、午前11時頃には、すべての規制が解除されました。警察と消防で出火の原因を調べています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る