ニュース

県の来年度予算案の知事査定始まる
  • 2018-01-17(水) 18:24
来年度の県の当初予算案について、仁坂知事が直接、担当課から事業の説明を受け、適切かを判断する「知事査定」が、今日から始まりました。
初日の今日、県庁知事室では、仁坂知事や下宏副知事、財政課の職員らが出席する中、企画部の総合交通政策課が、路線バス事業者の交通系ICカードの導入などを支援し、バスの利便性を向上させるための事業について説明しました。
この知事査定は、来年度の県の当初予算案について、仁坂知事が直接、担当課から、事業の目的や内容、予算額などの説明を受け、適切かを判断するものです。査定では、予算要求のあったおよそ1070件の事業のうち、新たに取り組む事業や重要な継続事業など、2月補正分の5件、およそ4億円分を含めた43件、およそ776億円分が知事に説明されます。
知事査定は、今月26日まで予定されていて、編成された来年度の当初予算案は、2月定例県議会に提案されます。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る