ニュース

障害者等用駐車区画の適正利用を
  • 2018-01-16(火) 18:24
車いす利用者などのために公共的な施設などの駐車場に設けられている「障害者等用駐車区画」を、本当に必要な人が利用できるよう、駐車区画の適正利用を呼びかける街頭啓発活動が16日、海南市で行われました。
海南市築地のスーパーセンターオークワ海南店で行われた街頭啓発活動には、県や県身体障害者連盟と海南市やオークワから合わせて25人が参加しました。
県では「車いす使用者駐車区画」や「ゆずりあい駐車区画」を利用するための「利用証」を交付し、利用者を明らかにすることで、そうした区画の適正な利用を進めようと、「県障害者等用駐車区画利用証制度」を一昨年1月から実施しています。啓発活動は利用証制度の周知を図ろうというもので、参加者は利用証を掲示せずに障害者等用駐車区画を駐車した人には制度について説明し、理解を求めました。また利用証の交付対象となる人が利用証を持っていない場合は、利用証の交付手続きを勧め、利用証を掲示している人には利用状況についてのアンケート調査を行いました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る