ニュース

県警年頭視閲式
  • 2018-01-11(木) 18:31
県警の年頭視閲式が今日、和歌山市の和歌山マリーナシティで開かれ、およそ400人の警察官が、今年1年の治安の維持に向け決意を新たにしました。
県警の年頭視閲式は今日、和歌山市毛見の和歌山マリーナシティで開かれ、宮沢忠孝本部長や仁坂知事、県公安委員会の溝端莊吾委員長らが出席しました。視閲式は、警察官の士気を高めようと毎年、この時期に行われていて、警察官およそ400人をはじめパトカーや警察犬などが整然と並んだ会場では、視閲官を務める宮沢本部長らが巡閲しました。続いて、女性隊員2人を含む白バイ隊8人による走行訓練が披露されたほか、各部隊による行進なども行われ今年一年の治安維持に向け、警察官一人ひとりが決意を新たにしている様子でした。
式では宮沢本部長が、参加した警察官に対し「あらゆる事態に対処できるよう、職員ひとりひとりが警察力の向上に向けて取り組んでほしい」と訓示しました。また、仁坂知事は「和歌山の治安向上のため、しっかりがんばってください」と治安の維持に向けた警察官の更なる活躍に期待を寄せました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る