ニュース

フェンシング全日本 東選手が優勝
  • 2017-12-11(月) 14:06
フェンシングの全日本選手権の個人戦が昨日、東京で行われ、フルーレの女子では県立和歌山北高校3年の東晟良選手が初優勝しました。
東晟良選手は和歌山市出身の18歳。フェンシングをしていた母の影響で小学4年から競技をはじめ、去年4月には世界ジュニア・カデ選手権のカデの部で準優勝しています。
去年の全日本選手権は2回戦敗退でしたが、今年は一気に頂点まで駆け上がりました。
日本フェンシング協会によりますと、女子では史上最年少制覇で、高校生の優勝は男子フルーレの太田雄貴、現日本協会会長が平成14年、平安高校2年の時に優勝して以来、2人目の快挙です。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る