ニュース

新極真会 まごころ基金に寄付
  • 2017-12-04(月) 19:36
地域の社会福祉の向上に役立てていこうと、テレビ和歌山が開局当初から広く募っている「まごころ基金」に、4日、空手の新極真会和歌山県支部から、善意のお金が寄せられました。4日、NPO法人全世界空手道連盟新極真会和歌山県支部の黒岡八寿裕支部長と顧問の尾崎太郎県議会議長が、テレビ和歌山の大越康臣取締役に善意のお金を託しました。新極真会和歌山県支部では今回、11月23日に和歌山市で開かれた「第24回和歌山県空手道選手権大会」の参加費やスポンサー広告料などの収益の一部、あわせて10万円を「まごころ基金」などに寄せました。この県空手道選手権大会には、キッズ選手からシニア選手まで、およそ450人が参加し、熱戦を繰り広げたということです。なお、テレビ和歌山では、この大会の模様をはじめ、新極真会和歌山県支部の今年1年間の活動を紹介する特別番組を来年1月4日の午前10時から放送します。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る