ニュース

県警備業協会法人化30周年
  • 2017-11-22(水) 18:11
県内の警備会社でつくる一般社団法人県警備業協会の法人化30周年を記念した式典が、今日、和歌山市で開かれました。
和歌山市のホテルで開かれた県警備業協会法人化30周年記念式典には、県内の警備業関係者や警察関係者など合わせておよそ90人が出席しました。式典では、はじめに警備業界の発展に功労があった県警備業協会の山崎雅弘会長に全国警備業協会の青山幸恭会長から感謝状が贈られました。続いて、県警の宮沢忠孝本部長と県警備業協会の山崎会長から協会の運営に大きく貢献したとして県警備業協会の前の会長の中谷保さんら3人に表彰状が贈られました。
式典で仁坂知事は「安心安全はいつの時代も大事なことです。皆さんの力も借りながら今の時代を乗り越えていきたい」と挨拶しました。県警備業協会は、昭和47年に県内の警備会社8社で任意団体として発足、昭和63年に法人に認可され、現在、県内の55社が加盟し、警備員の数は2000人を超えています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る