ニュース

台風21号の義援金で感謝状
  • 2017-11-21(火) 19:30
先月発生した台風21号で被害を受けた県内の復興支援に役立ててもらおうと義援金を贈ったパナソニックグループ労働組合連合会に今日、感謝状が贈られました。
今日、大阪府門真市に本部があるパナソニックグループ労働組合連合会の河野勝巳書記次長と金滝尚子中央執行委員の2人が県庁の福祉保健部長室を訪れ台風21号の被害に対する義援金100万円の目録を県福祉保健部の山本等士部長に手渡しました。これに対し山本部長から河野書記次長に仁坂知事からの感謝状が贈られました。
パナソニックグループ労働組合連合会では災害で被害を受けた人々の支援に役立ててもらおうと、去年の秋から年に1回、グループ内の127組合、およそ92000人の組合員からカンパを募り、災害救助法が適用された自治体に義援金を贈っています。山本部長は「有効に活用し、被災した方々に配分させて頂きます」と話していました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る