ニュース

「わかちか広場」で地場産フェア
  • 2017-11-18(土) 17:23
今年の7月からリニューアル工事が進められていた和歌山市のJR和歌山駅西口の地下広場、「わかちか広場」のリニューアル工事が完成し、今日から、「和歌山地場産フェア」が開かれています。
「わかちか広場」のオープニングセレモニーでは、和歌山市の荒竹宏之副市長が利用を呼びかけた後、JR西日本和歌山支社の伊藤義彦支社長も加わってテープカットをしました。
「わかちか広場」は、和歌山市が街のにぎわいの創出のため、総事業費およそ7800百万円をかけて改装しました。
以前より明るくなり、和歌山駅の構内にあった観光交流センターが移転し観光情報を提供する他、和歌山の特産品を販売するアンテナショップを新たに設けました。
また、舞台にマルチビジョンを設置して観光PR動画や各地域の情報を流します。
リニューアルオープンを記念して今日と明日は「和歌山地場産フェア」が開催されていて、有田みかんや皮製品など県内産品が販売されています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る