ニュース

地区社協連絡協議会発足記念講演会
  • 2017-11-13(月) 19:42
和歌山市の地区社協連絡協議会の発足を記念した講演会が13日、和歌山市のホテルで開かれました。
講演会には、市内42地区の地区社会福祉協議会の関係者らおよそ50人が参加しました。講演では2年前に組織を立ち上げた奈良市社会福祉協議会の事務局参事、小林正夫さんと北野直紀さんが、組織化のメリットや「ふれあいサロン」「子育てサロン」の開設といった地域福祉の活動について説明しました。
地区社会福祉協議会は、それぞれの地区の民生委員や自治会役員らによる任意団体で、年2回程度の会合を開き、高齢者を対象とした食事会の開催など、地域での福祉活動の主体的な役割を果たしています。
この度発足した地区社協連絡協議会は、和歌山市内42地区の地区社会福祉協議会が、情報交換や相互交流を通してよりよい地域福祉を目指そうと、社会福祉法人和歌山市社会福祉協議会の呼びかけで実現したもので、来年1月に初めての会合を開き、今後の活動内容などを話し合うことにしています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る