ニュース

紀陽銀行 中間決算
  • 2017-11-13(月) 19:34
紀陽銀行の連結中間決算は、経常収益が0.3%増加、経常利益が8.6%増加で増収増益になりました。
紀陽銀行の平成30年3月期第2四半期連結決算は、経常収益が388億5800万円で0.3%増加、経常利益が115億4000万円で8.6%増加、中間純利益が79億3300万円で9.5%増加しました。増収増益となり紀陽銀行は、主に株式等関係損益の増加と、経費の節減によるものと説明しています。
また、銀行単体の体力を示す自己資本比率は9.54%で、平成29年3月期より0.21%高くなりました。
紀陽銀行は中小企業向け貸し出しを増強するなどして平成30年3月期連結の経常収益を750億円、経常利益を172億円、当期純利益を106億円と見込んでいます。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る