ニュース

交通安全ミュージカル
  • 2017-11-10(金) 17:04
横断歩道の正しい渡り方など、子どもたちが交通ルールを楽しく学べる体験型のミュージカルが、今日、有田市で開催されました。
今日、有田市の有田市民会館で開催された「親と子の交通安全ミュージカル」では、まず、主催者を代表してJAありだの玉置友博常務理事が「交通ルールをしっかり勉強して、来年から元気に小学校に通ってください」と挨拶しました。
ミュージカルは、地域貢献活動の一つとして小学校入学前の子どもたちに正しい交通ルールを身に付けてもらおうとJA共済連和歌山とJAありだが開いたもので、今日は、有田市や有田郡内の保育所、こども園などから5歳児、およそ530人が招待されました。
ミュージカルでは、主人公の「魔法園児マモルワタル」君と一緒に、舞台にあがった子ども達が正しい横断歩道の渡り方や信号機の見方の指導を受けるなどミュージカルを楽しみながら交通ルールを学びました。交通安全ミュージカルは平成16年から全国各地で開催されていてこれまでに全国で446公演、延べ26万3700人の親子が参加しているということです。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る